上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.15 姿勢
職員が一時的に増えたのですが
その職員の姿勢が問題になっています
なかなか職員の手が回らずに
教えることが不十分になっているのが現状です

このことについては十分に反省しています
しかし、反省はするものの
新規のスタッフの姿勢にも
問題があるのでは?

教えてもらって当然だとか自発的に聞こうともしない
受身では介護スタッフとしては上達は見込めません
積極的に動いてください

っと言っても右から左・・・
言ってる方が馬鹿らしくなってきます
さらに上を行くのが
新設に行かれる看護士・・・
様々な病院、施設を経験されて来た方や
ベテラン看護士、うちで働いていた職員のお母さんの看護士
様々な方が来ました

意見も様々・・・
新設の看護主任は私じゃないと・・・とか
介護と看護はしっかりと線引きしないと・・・とか
介護は看護の言う事をしっかりと聞いてください・・・とか
ここの介護は看護に基づいてない・・・とか
・・・とか、・・・とか・・・etc.

揉めました、さらに揉めました、揉め続けています
介護と看護は相容れないものでしょうか?
互いの領域に踏み込んで仕事をすることによって
刺激し合い、相乗効果を生むのではないでしょうか?

国家資格ってそんなに偉いんですか?
介護は看護の下ですか?
なんて話し合い(口喧嘩)がありました






続く

Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/76-e9c1a0fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。