上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の緊急保護の方は無事に他施設へ移られました
施設と言うか病院へ
そう
社会的入院ってやつです

他市町村からオファーがあった方には
申し訳ないですが
利用料の支払いというサービス業の根幹の部分が
クリアされているかという
たったそれだけ
しかし、絶対的なその事が
この二つの結果を生み出しました

時は過ぎ
同様にケアマネから助けてのTELが…

この猛暑の中
エアコンも無く風通しの悪い部屋で
1日2食で食べ残しはまた次回へ…
てな感じの生活をしていれば当然…
熱中症気味で食中毒気味
脱水ぽくなりお腹を下して体力低下
在宅生活継続はやや困難と判断ですよね
そうなったらどうするか
施設で保護して欲しいとなるわけですが
いくら保護って言っても
虐待のケースって訳でもないので
確認する事や詰める所も多々あります

いざ動く際には各担当に懇願
元々の順番ってやつを無視して
這いつくばって土下座して
頭を擦り付けてお願いして
とうとう利用へ…

利用者本人は生活環境だけ見ればうちに来て
幸せだと思うし、そう思いたい
空調設備は整っているし三食適切に安全だし
排泄も適宜対応できるし
一人ぼっちで日中過ごす事もないし

施設を利用するに当たって
ここまでの事を考えたケースは始めてです
利用者本人が幸せかどうかなんて考えもし無かった
薄情ですが
施設を利用するってのは家族の都合で
本人には何らメリットはないものと思っていました
ただ、今回のケースは始めてそうではないという考えを
持つことが出来たケースでした
う〜ん
俺チョット成長した(笑)









(゚O゚)\(- -;
続く
Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/461-9f38acb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。