上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.13 絶体絶命
今まで何度となく
人生の岐路に遭遇している
その度にどこからとも無く
声がして導いてくれた

なんて言うと格好が良いが
本当は
惰性や堕落、誘惑の声に負けてきただけだ
基本的に「何とかなるだろう」とか
「どうせ頑張ったって…」とか
「明日は明日の風が吹く」とか
他力本願というか
出たとこ勝負というか
ぶっつけ本番だった

しかし
先日とっても恐ろしい話が舞い込んできた
うちの創業者一族の事業の
お手伝いをするという密使が暗躍している
とのこと…
その事業というのは
ホームヘルパーの養成講座
その手伝いというのは
ヘルパー養成講座の講師をやりなさい!と言う事らしい

一般社会の常識からすると
おおっぴらに副業をするという事になるのだが
問題はないのだろうか?

それは置いておいて
創業者一族のお話なので逃げも隠れも出来ません
やると言ったらやるみたいなのです
諸先輩方はそれぞれの得意分野のみを
専攻して教えていくそうで
自分の得意分野を早く見つけて
一族の方に言っておいた方が良いというアドバイスを頂きました

それって
やる前提の話だよね
もう逃げれないじゃぁ~ん
これこそ絶体絶命
得意分野って何だよ
シーツ交換?
オムツ交換?
掃除?
日曜大工?
料理?
召使い?
奴隷?
小間使い?
使いっ走り?








続く
Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/412-1d431786
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。