上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.16 G.W
今年のG.Wも仕事でしたね
そんな今年の出来事

日曜大工が業務に組み込まれている
うちの相談員(現場もそうですが)
先日は現場からこんな依頼がありました
「実は扉の向きを替えて欲しいんです」
・・・向きを変える?
「外開きを内開きに変えて欲しいんです」
・・・外開きを内開きに?
「利用者さんがいて扉が開かないんです」
・・・利用者さんがいて?
「扉のまん前に立っていて」
・・・分かりました

っていうやり取りがあって
扉の向きを替えることになりました
古い施設なので(築20年以上)
作りが旧式なんです
昔々あった「痴呆棟」というものが
そのままの名残で使われています
そのお部屋の扉の向きを変えて欲しいと言うことなんです

向きを変えるなんて簡単に言いますが
結構大変でした
まず第一に道具が無い
ドライバーがあるくらいで後は
ノミとトンカチ・・・
このデジタル全盛期にアナログな感じで
やりますよ

まずは扉を外す
1. 枠につけてあるほうの兆番から外します
2. 扉についている付属品を外します
3. 枠についている付属品を外します
4. 兆番は扉についたままにします
扉の向きを反対にします
1. 兆番の位置が対角線上の枠に来るようにします
2. 兆番の位置を印しします
3. 枠と扉の付属品が来る位置を印しします
取り付けます
1. 兆番の位置をノミで5mm~1cmほど掘ります
2. 兆番を枠に取り付けます
3. 枠に取り付ける付属品を取り付けます
4. 扉のストライク(って言うみたいです)が来る穴を掘る
5. ストライクを受ける金具を取り付けます
以上

って書くのは簡単ですが
実際は微調整が多くて大変でした
何だかんだでマル半日かかりました
G.Wは日曜大工でG.W=頑張れ・私でした
この扉の一件は1枚だけで話が終わらずに
G.W中にもう1枚扉の向きを替えることになりました
アナログな道具を駆使して
扉の向きを替えました
やっぱりG.Wは日曜大工でG.W=頑張れ・私でした

お粗末









続く
Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/396-c6feb219
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。