上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上に立って下を引っ張っていくのに
やり方は色々あると思う
例えば、飴と鞭使い方で
鞭の打ち方ひとつとっても
思いっきり最初から行くのか
見せびらかして目一杯脅してからいくのか
徐々にゆっくりと強くしていくのか
緩急を付けてリズム良くいくのか

どちらにせよ
大事なことなんです

上に立つも者が下を引っ張るのは当然で
下の者がついてくる状況を作らないと駄目なんだと思う
1. 下の者が上の者を盲信する
2. 下の者が上の者を絶対視する
3. 下の者が上の者を神格化する
4. 上の者が絶対的な権力を持つ
5. 上の者が下の者の弱みを握る
6. 上の者への反抗心や敵愾心を取り除く
7. 上の者への尊敬心を持たせる

恐怖政治だと揶揄されそうですが
必要な恐怖もあると思う
その恐怖をルールと言えばそれまでだが
従えないのならばそれなりのリスクを負って頂く
そのルールは暗黙で随時変更可能になっている
それがうちなんです
だからこそ
上に立つ者はそのルールを制定するだけの
“力”がいるんです
だから成立するんです
そう
さまざまな“力”が必要なんです
無ければ持つしかないんです
無ければ持っている者を横に置くしかないんです
“力”こそ全てなんです

?????
間違ってるかな?








続く
Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/392-20714cab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。