上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.06 天の声
この手の仕事って
様々な人間関係が入り組んでますよね
実際現場にいれば
その利用者さえ見ていれば問題ないのですが(ちょっと語弊がありますねぇ)
利用者主体で業務をこなしていけばいいのですが
相談員とか現場の介護職以外の人間は
様々な“声”を聞いて動くことになりますよね
家族の“声”だけでも
本人さんの夫、妻、長男、長女、長男の嫁、兄弟等々
他にも
現場の職員、看護師、作業療法士、ケアマネさん等々
もう耳にタコができるくらい
色々聞きます

ただ、内容がかぶらない!
ってところがミソですよね
あっち立てて、こっち立てて
向こうをなだめすかして
そっちを丸め込んで
四方八方にあの手この手で
手を打ってやんなきゃいけない

でも
その全てを台無しにするのが
天の声です
まぁ、俗に言う逆らえない一言
鶴の一声?みたいなもんです
仕方ないです
サラリーマンですから…
色々異論はあると思いますが
サラリーマンですから…
福祉の世界においてそんなことは!って思うかもしれませんが
サラリーマンですから…
利用者主体の介護じゃないのか!って思うかもしれませんが
サラリーマンですから…

そう
サラリーマンですから














続く
Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/336-5ac65507
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。