上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.16 考え方
カンファレンスやアセスメントなんていう
言葉をよく耳にするが
最初は何の事やら全く分からなかった
世に言う『知ったかぶり』を
してました

ただ、ある利用者の1つの行動が
どういった背景に基づいてのものなのか
考える際に
利用者の状態をしっかりとすることによって
見えてくるものがある
若しくは、以前の生活習慣、生活暦等が
起因する物もあるでしょう
・・・というのが
自分なりのアセスメントの考え方
しかし
どんなにアセスメントをしっかりやっても
もう少し進めた考えをしないと
次に繋がらないのでは?と思う
かなり飛躍する話になりますが・・・

行動予測はするはずです
次に何をするのか
コレやったら次はコレ
ご飯の準備しながら洗濯しながら掃除しながら
って朝の主婦の忙しさを考えると
行動予測をしながらしてるはず・・・(多分ね)
お父さんは何時に起きてアレしてコレして・・・
上の子は何時までに起こしてアレやってコレやって
下の子は・・・
ってなりません?
コレを仕事の応用しないと
と言うのが考え方
過去の事例等から
その利用者の行動予測を立てて
その行動に添って介助、援助を行う
そうしたらスムーズにならない?
いちいち利用者に目くじら立てなくても
いいと思うですけど・・・

うちの職員はこういった考えを持っている子が
非常に少なくて
見ててイライラします
説明しても理解できてないし
考えが突飛かなぁ?















続く
Secret

TrackBackURL
→http://hinaemon.blog70.fc2.com/tb.php/278-4f3e88b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。