上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.30 お勉強
研修案内~
近年、特別養護老人ホームの利用者が心身共に重篤化傾向にある事は、周知の事実であり、そのため、介護職員が医療的な判断の下、早急な対応を迫られているケースも増えてくるものと考えられます。介護職員が専門的な医療行為をすることはありませんが、必要最低限の知識、行動は求められます。心身共に重篤な利用者は得てして、状態が変化しやすいため、いつ何が起きるか分からない状況です。先日も、特養、G.Hで救急搬送がありました。
 そこで、介護職員の皆様には、利用者の状態変化に対して柔軟かつ、迅速に、そして、安全に配慮した対応出来るように、又、利用者が安心して施設サービスを継続していただける為に、急変時の対応について下記の通り研修会を開催します。

上記を理由に緊急で研修を行いました
冒頭に趣旨説明を…
救急搬送は非日常的な、特別なことではなく、日常の業務の中にあることです。ただ、携わる職員が非常に限られており、毎日の業務ではないという点だけです。なぜ毎日無いのか、というと、利用者の様子を日々観察している、見ている介護職員にしか分からない異変というものがあります。その異変を感じ取ることによって、事前に対策を立て、実施し、救急搬送といった事態を防いでいるためです。それが出来なかったために起こる事、それが急変や救急搬送です。
予期せぬ不測の事態が起こってしまう、イコール急変時において、自分がどうするのか、どうしなくてはならないのか、するべき手順等をしっかりと覚えておくことが必要です。基本的なことに加えて、急変時には柔軟さと迅速さが必要です。このことによって利用者が危機的状況を少しでも早く脱却できる状態へ持っていけれるのです。
その為に、すべきことを以前の救急法の勉強会でしましたが、AEDの使用や救急隊への引継ぎの前に、利用者の発見があります。発見から引継ぎまでにすることは非常に多くあり、正確さと迅速さが必要とされます。その為の勉強会ですので、各自真剣に取り組むようにしてください。

チンプンカンプンな皆さんの顔を思い浮かべてください
物理の力学
化学の方程式
英語の長文の解読
数学の微分積分
漢文のレ点
古典のサ行の活用
乙女心の理解等々
この世の中には分からないことが多い
それを目の当たりにしたような顔です

それを分かるように説明する
それを理解できる様に教える
それが実践できる様に鍛える
その作業が今仕事です
他にも色々色々色々ありますが
緊急を要するような勉強会です
きっちりやってやりました









続く
スポンサーサイト
この年になってもパシらされることが多い
幼少時代は言うまでもなく・・・
別に特別ないじめられっ子というわけでもなく
かといって、いじめっ子という訳でもなく
いじられっ子という表現が正しいのかもしれないですが
皆からツンツン突付かれては遊ばれるような子供だったので
パシリというか何かを進んでやる子だった
と、今は表現しよう・・・
中学校から高校に掛けても
このような性格はあまり大きく変化はなく
生活スタイルに変化はなかった
パシリをあまり苦に思わないような
楽観的な明るい性格だった
と、今は表現しよう・・・
就職し魑魅魍魎が集まっているような
オイオイ、言い過ぎだよ
百鬼夜行のような・・・イヤイヤ
妖怪変化の類のような・・・イヤイヤ
悪鬼羅刹の如くのような・・・イヤイヤ
異類異形の集まりのような・・・イヤイヤ
すっげーいい先輩だって(背筋寒い・・・)
そんな方たちばかりのなかに
ウブな僕ちゃんが揉まれて揉まれて
揉み拉かれて揉み拉かれて
揉みくちゃにされて
そんなボロ雑巾にされた結果
パシリは良くないと気がつきました

しかし
早々状況は変わりません
むしろ悪化傾向にあります
言われた事はちゃんとしなさい
言われる前にちゃんとしなさい
ちゃんとしてから言いなさい
できない、は言っちゃ駄目
できない、ではなく、しないだけ

パシリはまだまだ続く










続く
2012.06.22 力作!(盗作)
盗作
盗作(とうさく)とは、他人の著作物にある表現、その他独自性・独創性のあるアイディア・企画等を盗用し、それを独自に考え出したものとして公衆に提示する反倫理的な行為全般を指す。「剽窃(ひょうせつ)」とも呼ばれる。オマージュ、パロディとは区別される。
(Wikipediaより)

色々な書類を作るときに参考にする文章ってありますよね
だって、考えるの面倒くさい時ってよくありますよね
だったら、諸先輩の作った優秀な文章がたくさんあるじゃないですか
しかもこのご時世
パソコンの中に大概データとして入っている
USBメモリーを持っていってコピーして
開いて、必要なところをコピペして
閉じて、また開いて必要なところをコピペして
を繰り返して
文章の端々を変えて
文章の並びを変えて
文章の表現を変えて
文章の出来上がり

あまりそっくりすぎてもまずいので
良く似た感じかな?程度にしておくのが腕の見せ所
その為に日夜励んでいます
あっちの書類のこの部分
こっちの書類のあの部分
そっちの書類のここの部分
どこかにあった書類の隅のほうの部分
貼り合わせて
繋ぎ合わせて
引っ張ってきて
押し込んで
引き伸ばして
量増しして
あの手この手で文章を作り上げて
一からやった方が早いんじゃないかって
時々思ったりしながら
書類を作っています

俺作家?









続く
2012.06.13 仁義なき…
最終予選が始まりました
気になる戦いが多い!
W杯
五輪
プロ野球
MLB
NBA
甲子園
F1
K-1
UFC
DREAM
シリア情勢
パレスチナ紛争
民族紛争
宗教紛争
政権戦争
痴話喧嘩
口喧嘩
兄弟喧嘩
夫婦喧嘩

戦いは必要なものとそうでないものがある
世界のニュースになるような戦いの8割くらいは必要ではない気がする
社会で起こる戦いの6割は誰かが手を引けば済む気がする
政局を見定めた戦いは1割しか出来てない気がする
テレビで見る戦いの8割は娯楽が入っている
家族の中で話題になる戦いの2割は必要ではない気がする
家族の中で起こる戦いの6割は起きて欲しくない気がする
夫婦間で起こる戦いの9割は収束に時間がかかる

戦いは尾を引くことが多い
いつまでもいつまでも根に持つこともある
潔さってのは必要
下げる頭を持つことも必要
はらわた煮えくり返っても冷静でいる根性が必要
大局を見る視野が必要
ご機嫌を伺う下心も必要
水に流す水洗式の心が必要
プレゼント攻勢する財布が必要

これだけ謝ってるんだから
そろそろ機嫌直してぇ~










続く
2012.06.10 衣替え
夏物の衣料をお願いするシーズンがやってきました
昨年は定員が80名のうちの施設で30人ほどの利用者が入れ替わりました
もちろんその時の季節にあった服を家族には依頼して持ってきていただいています
冬に入所された方は冬服が今あります
春の方はオールシーズン
夏の方は3シーズン
秋の方は2シーズン
入所された月や天候によって服が変わります
夏の終わりは秋と一緒
秋の終わりは冬と一緒
冬の終わりは冬なんです
春先も冬なんです
そんなこんなで今年の夏は家族の方に
どんどん服を持ってきてもらわないといけないので
ガンガン電話しています
「もしもし…夏服をお願いしたいんですが…」
「以前持ってきていただいた服は合服でして…」
「冬物しかなくて…」
「ズボンの膝が抜けそうで…」
「袖口が擦り切れてて…」
「穴が開いちゃって…」
「色あせがひどくて…」
「失禁が多くて服の着替えがたくさん欲しいです…」(これは言えませんが)

だから持ってきてくださる服が
山のようです
それを裁かなくてはならない現場も
大変です
でも、服が無いのはもっと大変です
季節に合った服をちゃんと着ましょう










続く
2012.06.09 あれから…
スマホをもって数ヶ月経った
その間に覚えた事
・ メールの送受信
・ メールの作成
・ 絵文字を入れること
・ メールの設定
・ 電話をかける
・ 電話を受ける
・ 留守番電話の聞き方
・ 着信音の設定
・ 待ち受け画面の設定
・ 写真の撮り方
・ Youtubeでの検索
・ Youtubeでの視聴
・ Googleでの検索
・ アラームの設定
・ 充電の仕方
・ アップロード
・ 地図検索(GoogleMap)

結構覚えたんじゃないの?
だってスマホだよ
スゲーじゃん、俺!
って言っても
基本的なものばかりでして
いわゆるアプリというものに関しては
全く理解していません
そもそもアプリって何なんですか?
誰かこの分からず屋にお教えください
何となくしか分かっていません

その何となくの中には
男の願望丸出しな「美少女時計」だったか「美女時計」なるものがあり
キレイなお姉ちゃんが時間をお知らせしてくれるってのがある!
って事だけ知ってます
あと、スマホってゲームも出来るんだよね
それも結構な感じのゲームが…
店舗に置いてあるデモ機を触っていたら
昔のファミコンよりキレイなゲームが出来るじゃん!
音もそんなに気にならないし
恐ろしい時代になったなぁ
ドラクエとかやりたくなっちゃうじゃん

そんなこんなで
基本的な機能のみ狭く浅く使っているスマホ
この先何年かかって使いこなすのか
パソコンと一緒だよと言う巷の言葉を信じると
一生無理だな









続く
2012.06.02 友遠方より…
うちには遠方から来ている職員が
複数名いる
現場の職員の半数が地元以外の子なんです
必然的に仕事とか私生活のこととか基本的な物事の考え方とか
地元には今までなかったものが主流になりつつあります
比較的上下関係や報告の仕方などに対して
一定の規律の下にやっていたんですが
最近この規律が非常に緩んでいるんです!
たるんでいる!
上の者が出席って言ったらほぼ絶対出席だろ?
下の者から上の者に話をするときは敬語だろ?
上の者が話をするときは手を止めるだろ?
上の者が話をするときは姿勢を直すだろ?
上の者と出会ったら下の者から挨拶するだろ?
上の者から注意されたら謝るだろ?
大体学校で習わないのか?
習わないのか・・・
しかも、これが地元の子にも影響を与えているんです
誰々が参加しないから
誰々が挨拶しないから
誰々がああいう行動をしているから
誰々が許されているから

と、まぁこんな感じで
元々会った規律という箍(タガ)が緩んで、外れかかっているんです
おかげで仕事がはかどらない、はかどらない
皆、仕事は時間までやってればとりあえずいいかなぁ
この人めんどくさいから誰かに頼もうかなぁ
いい加減で適当でソコソコな仕事をただこなす・・・
そんな仕事をしているから
事故や怪我が絶えず、上はお冠になって湯気が出てます
口うるさくギャンギャン言ったりしちゃいます
それを真に受けてやる気が落ち込む若い子達
やる気がないから適当な仕事
堂々巡りの悪循環

どう打破するのか
さぁ、今こそ現場のリーダーの腕の見せ所!
どうする!
どうする!?
どうする?
どうする??
どうする???
どうする????
不安はつきませんが致し方ありません
現場の子の判断をサポートするしかないんです








続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。