上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 あっキレた!
先日入所申込みをされている方の
面接にいきました
入所時期が近いという事と
家族からの強い入所希望があって
お部屋の状況が整うかも知れないってことで
いわゆる小規模多機能型の施設に行きました
民間(?)の所がやっているところで
○○医療法人とか□□社会福祉法人と言ったところではないってことです
株式会社△△でした

入所を希望されている方のご家族からは
現在利用中の施設(株式会社△△が経営)に半年程いるが
担当者がコロコロ変わるし
利用料がとんでもなく高い時があったりで
信用できないって言ってました

そんな事前情報を頭に入れて
非常によくない事ですが
先入観たっぷりでいざ面接へ!

最初の挨拶からすでに訝しさ満点
話せば話すほど
辻褄の合っていない事ばかり
揚げ足がとりたい放題
国会議事堂にいる先生方ならどこまでやるんだろう?
って言うくらい変です

例:
施設談:食事は1~1時間半くらいかかります
    温かいものしか食べないので4~5回温め直します
    吐き出し行為があるので全介助です
    食材によって食事形態を変えています
    水分にトロミが必要です
    1日に水分を1000~1500ml摂取して頂いています
実際:食事状況を確認すると箸を使って自分で食べてました
   咽せてるそぶりもなくパクパクと…

まぁ、面接を進めます…と
『うちで最後までみます』と言い切る相手施設…
その後も家族の気持ちをくすぐるような
いい事ばっかり連ねてぺらぺらぺらぺら…

ここまで来ると
さすがに自分の相棒もキレた!
「入所の意思確認に来たので
状況は分かりました
また何かあればよろしくお願いします
今日はありがとうございました」
そんな感じでまくし立てて
はい、さようなら

当然だと思います
ここには詳しく書けないけど
まず無礼
利用者と家族に

色んな施設があって
色んな相談員さんがいて
色んな介護職員さんがいて
色んな利用者さんがいる
いちいちキレていたらもたないかも知れないけど
アレはキレた










続く
スポンサーサイト
2011.09.22 台風
台風が接近していますね…
だんだんと足が速くなってきて
沖縄の沖合で
一回りしていたのはなんだったんだ…

雨が沢山降ってきて
色んな所で色んな被害が出ていますよね
どうか皆さん無事でありますように

うちの施設にも台風の影響が…
宿直者は何故かこういう日に限って
二日続けて施設相談員が…
何があっても大丈夫ってみんな言います
そこかしこから雨漏りがあって
前の道路は冠水の恐れがあって
近くの河川は氾濫の恐れがあって
若い職員は反乱の恐れがあって
上の方々はおかんむりの恐れがあって
配電盤は漏電の恐れがあって
入院者数が増加の恐れがあって
自分の小遣いの無駄遣いがばれる恐れがあって
後ろめたい事がばれる恐れがあって

ってことで
台風が吹き荒れてます
どうか何事もなく
おさまりますように











続く
2011.09.21 他山の…
相談員という仕事をしてから
うちの事業所以外をみる事が増えた
もちろん
利用者の入所の関係で
面接に伺ったりするためだ
他にも情報交換等で話の中に出たりする
『どこそこの施設さんはどうでこうだ』とか
『そこここの事業所さんはああでそうだ』とか
いい話ばかりではありませんが
悪い話ばかりでもありません

話半分でいつも聞いているようにしていますが
それでも
うちの施設よりは…って思ってしまいます
ハード面とか
利用者の処遇方針とか
新人の育成に関する事とか
福利厚生とか
中堅職員に関する教育とか
経営者の考えとか
等々
あげたらきりがありませんが
いいなぁ~

うちもそんな風に思われたいなぁ
隣の家の芝生は蒼くみえます














続く
自分が言うのもなんですが
世話が焼ける奴が多すぎる気がする
自分の事を棚に上げておいて言いますが
「俺は君たちの世話係じゃねぇ!」
「俺の相棒は施設の世話係じゃねぇ!」
「我々の仕事は法人全体の世話係じゃねぇ!」

何かあると必ず
「これやっといてぇ~」
「ここの所わかんないから教えてぇ」
「これについてこの先どういう風になるの?」
ってか
経理に関する事は経理の方に
利用者のことは現場に
福祉の今後は国会議員の先生に
PCで分からない事はヘルプに

宿直者は夜勤者ではないです
相談員は現場の指揮監督する訳ではないんです
相談員は万能ではないんです
看護士は神ではないんです

自分のやるべき事をやろうよ
出来ないなら
出来るように努力しようよ
最大限努力してどうしても出来なかったら
その時はサポートします
こちらをあてにしないで

言ってて自分が苦しいです










続く
2011.09.06 在宅復帰
施設での職員歴が長い私ですが
今の相談員という職について
1年が経とうとしています
早いモノですねぇ…

ちょっと前を振り返ってみると…
人事異動当時
その3ヶ月後
半年後
9ヶ月後
う~~~~~~~~~~~~~~~ん
成長していません
異動当時頭に描いていた
相談員というモノに今自分がなれていないことにびっくり

あまりに出来が悪いので
相棒もびっくりしていることでしょう(苦笑)
元々現場にいて新入職員の指導等をしていたから相談員業務も出来る
→現場と相談員は別物です
大卒だし男だし歳もいってるから
→現相談員は高卒です
→男性女性は関係ないと思います
→年齢と能力は比例しません
ここでの経験長いし…
→長ければいいと言う物でもないと思います

いかんなぁ
文句しか出ない

さて、本題ですが
施設職員として今までに
在宅復帰されたケースというのは
2件しかないです
身元保証人さんが
引っ越すとかで一緒に施設を退所される
と言うケース
主たる介護者さんが
ちょっと病んでいて
強迫観念に駆られて退所される
と言うケース

当施設を退所するケースというのは
1・長期入院
2・永眠
が殆どです

老健と違って
在宅復帰を目的としているわけではないので
なかなかそんなケースのは当たりません
そんな中
医療機関に入院となり
当施設では受け入れ困難になってしまった方が
在宅復帰が決まりました

経鼻で在宅復帰…
聞いた瞬間に頭クラクラしました
家族は「家で看れる人が施設で無理とはおかしいなぁ」とのこと
ごもっともです…

施設からの在宅復帰
こんな形とは思いませんでしたが
在宅での生活を円滑に進めることが出来るように
うちの優秀なケアマネさんとヘルパーさんが
しっかりサポートしますよ

Iさん、在宅での生活を
少しでも実りあるモノにして下さい
家族の思い
『最後は家で…』
その通りかも知れません












続く
台風すごいねぇ
荒れに荒れてます…
うちの方はどうにかなってますが
この歳になって
久しぶりにニュースを真剣に見ました(苦笑)

ドラマは結構真剣に見るんですよ
2時間ドラマの犯人当てを…
って寂しいヤツ~
本当は堀北~とか北川~とか
言いたいけど
分からないから
赤い霊柩車シリーズとか
船越のやつとか
浅見光彦シリーズとかね

では本題に…

この間来て頂いた我々の血税を管理監督する部署のおかげで
事務所内の空気が悪いのなんのって
換気しても換気しても追いつかない
どよぉぉぉぉぉぉぉぉんと沈んだ空気が
べったりと室内に張り付いています

CEOの発言もあったり(前述)
あまり状況を理解していなかったとみえる理事長のトンデモ発言に
お客様の対応をしていた室内の空気が凍り付いたり
あっちバタバタこっちバタバタしてて
申し送りがなされていなかったり
語尾がきつくなったりで
事務所内の空気も荒れに荒れてました

他にも夏祭りの打ち上げを計画した(実行した)稟議書が出てきました
出席者…6名程度
予算…ちょっとイイ飲み屋で使う程度
実際…¥3~4000×6
各部署捺印してありました

経理の方はブチギレです
普通ならあり得ない!って
理由は
第1…6名程度の飲食費を施設がもつことはない
第2…6名の内訳に施設長サイドの人間がいるのならば話は別
第3…稟議書の名目が会議の必要経費ではなく打ち上げだったから
第4…稟議書の提出の前に施設長サイドに事前に話が通っていない
第5…施設の相談員という立場のある人が主導してやっている
第6…施設長が良く見ずに捺印している
第7…これをやっているのは1箇所の事業所だけ
第8…他の事業所も右習えされたら破綻する

そりゃそうだ
今までにそんな打ち上げあったことないし
あったとしても出たことないし
お金の話は聞いたこともない
かなり特殊なルールですが
守られないと色々厄介で
後ろから肩を叩かれます













続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。