上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.29 自粛か否か
毎年恒例の夏祭りを
どうするか決めなくてはならない時期にきました
しかし
今回の震災の余波で
色々縮小したり節約したり自粛したり
削減したり辞めたり延期したり…
盛大に何かをやるという雰囲気が
今のところ生まれていません

本来なら盛大に何かをやって
頑張ろうとか楽しんでやろうとか
元気を分けてあげようとか
もっとポジティブな感じを
まわりに伝染させるようなものが良いとは思いますが
なかなかそうは言ってられません

だからどうするのか
夏祭り
自粛か否か
縮小か否か
存続か否か

天の声を待ちます













続く
スポンサーサイト
2011.05.20 誠意
この手の仕事って言うか
社会全般に言えることですが
誠意がないとどうにもなんないですよね
無いというか
欠落している…
観点が世間一般と大きくずれている…
そういうことでは
人相手の仕事は務まりません

思いやりとか
心配りとか
敬意とか
配慮、案じる、気配り等々
相手があって成立する仕事なら
相手を思うことがないと成立しません
勝負事でもそうでしょう?
相手を思う(勝負の内容によっては思う事は変わりますが…)がないと
成立しません

こういったお仕事なんだし
相手を思う事をしましょう
そうしたら
利用者に対して
ものすごい上から目線で言葉を発することはないはず…
車椅子に乗った利用者を物の様に動かす事もないはず…
友達のようなフランクすぎる話し方もないはず…
服が汚れていても知らん顔しないはず…
もう上げたらきりがないですが

思う事は大事だよ
利用者の不穏は減るし
職員間のいざこざも減るし
業務はスムーズにまわるし
職員にはいいことだらけ

でも出来ないんだよねぇ

利用者や職員間だけでなく
家族の方にも
こちらが思っているほど
実は思ってくれてないってことも

あるんだよねえ














続く
2011.05.10 充実
相談員と言う仕事は
やりがいのある仕事です

“利用者さんだけでなくその家族にも
積極的な関わりを持つことによって
より充実した利用者の施設生活が可能になる
また、現場の職員とのコミュニケーションを充実させることによって
現場での問題をクリアするお手伝いが出来る
その事は利用者の生活の質の向上につながる”

だそうだ・・・が
僕自身は全くそんな事は思わない
利用者の生活の質を向上させるには
現場の職員の質を上げることで
その質の高低の鍵は職員である
人数もさることながら入社の面接の際に
少なからずその事まで頭に入れて採用して欲しい
採用は我々ではない(もっと偉い人)

現場とのコミュニケーションはやればやるほど
ぎこちなくなってきます
連絡事項の伝達程度でも
物凄い気を使っています

そんな相談員ですが
つい先日物凄い充実した1日がありました
8:30 出勤 ウサギの世話
9:00 施設長等出勤 前日の申し送り
9:30 入所申し込み家族応対
10:30 入所申し込み家族応対終了
11:00 病院受診
11:20 病院から救急搬送
12:00 利用者家族へ連絡
12:45 昼食
13:15 救急搬送先の病院へ職員お迎え
14:20 退所者手続き
15:00 入所者お迎え
15:30 入所契約
16:30 施設設備点検・報告
17:30 盗難事件の為隣の市の警察署へ
19:00 帰宅

充実してました











続く
2011.05.06 天の声
この手の仕事って
様々な人間関係が入り組んでますよね
実際現場にいれば
その利用者さえ見ていれば問題ないのですが(ちょっと語弊がありますねぇ)
利用者主体で業務をこなしていけばいいのですが
相談員とか現場の介護職以外の人間は
様々な“声”を聞いて動くことになりますよね
家族の“声”だけでも
本人さんの夫、妻、長男、長女、長男の嫁、兄弟等々
他にも
現場の職員、看護師、作業療法士、ケアマネさん等々
もう耳にタコができるくらい
色々聞きます

ただ、内容がかぶらない!
ってところがミソですよね
あっち立てて、こっち立てて
向こうをなだめすかして
そっちを丸め込んで
四方八方にあの手この手で
手を打ってやんなきゃいけない

でも
その全てを台無しにするのが
天の声です
まぁ、俗に言う逆らえない一言
鶴の一声?みたいなもんです
仕方ないです
サラリーマンですから…
色々異論はあると思いますが
サラリーマンですから…
福祉の世界においてそんなことは!って思うかもしれませんが
サラリーマンですから…
利用者主体の介護じゃないのか!って思うかもしれませんが
サラリーマンですから…

そう
サラリーマンですから














続く
2011.05.03 出る杭は…
ウルトラCから1ヶ月あまり
もう気になって気になって仕方がありません
でも
口を出すと
嫌な顔されて
手を出すと
もっと嫌な顔されて
手も口も出すと
もっともっと嫌な顔されて
リーダーさんを差し置いて指示を出すと
もっともっともっともっともっと…
嫌な顔をされます

現に前体制の時に
あまりに目についたので
手も口も出てしまいました
その週の内に
2箇所からクレームが来ました
元上司と現上司
『言葉が過ぎる』
『リーダーが萎縮するから口を出すな』
『立場を考えろ』
『指示はリーダーが出すもの』
等々…
このクレームの発信元は分かりました
だからこそ
手も口も出さない













続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。